高度ナノテク人材育成事業

1 目的

 県内企業の技術者等を対象に、ものづくり研究開発センターの高度な設備を活用したナノテクに関するテーマについて数ヶ月間、課題解決型の研修を行って、企業の開発現場で活躍できるナノテクものづくり人材の育成を目的としています。

2 概要

 1)対象者
・県内に事業所を有する中小、中堅企業等の技術者
・参加企業は、技術者を研修生としてセンターに派遣してください。
・1課題に複数の技術者が受講することも可能です。
 2)研修課題
 主に富山県ものづくり研究開発センターの設備を用いたナノテクに関係した研修課題。
  <研修例>
・精密加工による金型作製研修
・電子材料のナノ構造評価に関する研修
・発汗サーマルマネキンによるナノ加工繊維
・湿式微粒化技術に関する研修
・工業製品の微細領域の分析評価研修
・めっき皮膜の評価技術研修 ほか
研修風景例
・研修課題のご希望については、個別に対応いたしますので、センター職員にお気軽にご相談下さい。
 3)研修期間
1〜6ヶ月間程度。(ただし、3月末を限度とします。)
 4)研修に要する経費
研修に必要な経費の1/2を参加企業で負担いただきます。

3 募集

 参加者を募集します。 研修は、下記の手順で行います。
なお、予算に限りがありますので、早めにご相談下さい。
(1)電話(0766-21-2121)または、電子メール(kikaku2@itc.pref.toyama.jp)でご相談下さい。
     <相談窓口:企画情報課>      <「@」は全角になっています。>
(2)希望する研修内容や使用する装置等から担当職員を選定し、研修内容、研修費用及び
 期間等について相談させて頂きます。
(3)研修内容等が決定しましたら、研修に向けた事務処理を行います。
  (申請書等の提出、受入審査会での受入決定ののち、契約書を取り交わします。)
(4)研修を実施いたします。
(5)研修終了後、報告書を提出して頂きます。

ものづくり研究開発センターに整備されたナノテク関連設備

超精密切削加工機 集束イオンビーム加工機 ナノインプリンティング
装置
超精密切削加工機 集束イオンビーム加工機 ナノインプリンティング装置
各種超精密加工法により、ナノメーターレベルの3次元形状を作製できる。 イオンビームを用いて、材料表面や局所位置を微細加工できる。 微細形状の金型を用いて、転写により樹脂の微細形状を作製できる。
 
精密フライス加工機 2次元摩擦撹拌
接合装置
エレクトロスピニング
装置
精密フライス加工機 2次元摩擦撹拌接合装置 エレクトロスピニング装置
小型の精密機械部品や精密金型などを、高精度に加工する。 回転するツールを材料接合部に押し込み、摩擦熱により軟化した材料を攪拌接合する。 ナノレベルの径を有するナノファイバーを製造し、不織布を製作できる。
 
透過型電子顕微鏡 電界放出形
走査電子顕微鏡
微粒化装置
透過型電子顕微鏡 電界放出形走査電子顕微鏡 微粒化装置
様々な材料や製品内部の微細構造を観察・解析する。 様々な材料や製品の表面を、ナノレベルで観察・分析できる。 電子材料、顔料、化粧品、医薬品等の水溶媒中の粉体材料の粒径制御等ができる。
 
ファイバーレーザ
高速微細加工装置
3Dプリンター用
高機能樹脂粉末作製装置
熱変形温度測定装置
ファイバーレーザ高速微細加工装置 3Dプリンター用高機能樹脂粉末作製装置 3Dプリンター用高機能樹脂粉末作製装置
各種材料の切断、溶接、穴あけ、除去、表面改質など 高機能な材料を混ぜ合わせた樹脂粉末を作製する 温度を変えた場合の樹脂材料の強さを評価する

★規定 ★申請書 ★契約書
 この事業の実施概要はこちらになります。
・高度ナノテク人材育成事業実施要領
・富山県工業技術センター研修生規程
 この事業に参加する際にご提出いただく申請書になります。
・高度ナノテク人材育成事業に係る研修生受入申請書
    <PDFファイル>
    <Wordファイル>
 事業実施にあたって、県と結ぶ契約書になります。
・高度ナノテク人材育成事業に係る技術研修契約書