ホーム > 主要設備 > 

地方創生拠点整備交付金

生活工学研究所

フォースプレート型トレッドミル

機器概要
 本装置は、ベルトの速度を可変し、歩行から走行まで運動負荷を変え身体機能を測定すると同時に、ベルト下部の荷重センサにより運動時の足裏にかかる床反力等を計測できます。
主な用途
 限られたスペースで歩行、走行時の床反力計測ができ、スポーツウエアやインナーウエア、シューズ、靴下などの機能性の評価が可能です。また、他の計測装置(生活環境シミュレータ、動作解析装置、呼吸代謝測定装置など)と同時に利用することで、より幅広い条件に対応した試験が可能です。

設備名 フォースプレート型トレッドミル
メーカー名 株式会社テック技販
型式 FTMH-1244WA(汎用)
導入年 H30年度
仕様 ・最大速度:30 km/h
・移動可能
・6分力計測可能(Fx、Fy、Fz、Mx、My、Mz)
・最大サンプリング周波数: 1 kHz
設置場所 生活工学研究所

 ホーム > 主要設備 >