ホーム > 主要設備 > 

地方創生拠点整備交付金

生活工学研究所

ハンディ型人体スキャナー

機器概要

 本装置は、人体、物体などの三次元形状を高精度、広範囲でスキャニング可能なハンディタイプカメラで、3D デジタルデータを創り出す機能を有します。

主な用途

 多機能を有するハンドヘルド型3D スキャナーであり、人体、物体を三次元データ化し、衣料、生活関連製品などの開発に活用できます。また、手で持っての使用はもちろん、三脚・ターンテーブルを使用したオートマチックスキャンも可能です。



設備名 ハンディ型人体スキャナー
メーカー名 SHINING 3D
型式 EinScan-Pro+
導入年 H30年度
仕様 ・3D スキャン可能
・色情報取得可能
・本体重量: 約800 g
・スキャン精度: 0.05 mm
・スキャン範囲: 300 × 170 mm
・STL 形式等で出力可能
・ターンテーブル付
設置場所 生活工学研究所

 ホーム > 主要設備 >