地域の元気臨時交付金

ものづくり研究開発センター 共通分野設備

フェーズドアレイ超音波探傷試験機


機器概要
 本装置は、アレイ探触子を用いた超音波探傷試験機です。金属材料や樹脂材料などの部材・製品に対して、水中で高速自動スキャンすることにより、「欠陥の有無」、「分布状況」、「大きさ」などを画像情報から確認することができます。
主な用途
 部材・製品等の内部欠陥の非破壊探傷試験(クラックや空孔、異物など)を確認できます。

設備名 フェーズドアレイ超音波探傷試験機
メーカー名 東芝電力検査サービス株式会社
型式 Matrixeye EX+
導入年 H26年度
仕様 ・探触子周波数:2, 3.5, 5, 10, 15 MHz
・同時励振数:最大64素子
・表示モード:Aスコープ(超音波波形)、Bスコープ(深さ方向断面)
       Cスコープ(水平断面)、Dスコープ(Bと垂直断面)        3D表示
設置場所 ものづくり研究開発センター