地域オープンイノベーション促進事業

ものづくり研究開発センター 共通分野設備

複合化成形サーボプレス機


機器概要
 本装置は、ACサーボモータ駆動によりスライドストロークやモーションを自由に設定(フリーモーション化)することができるプレス機です。
主な用途
 製品精度の向上のほか、加工工数の削減や高サイクル化、金型の長寿命化などが可能となります。また、鍛接、かしめ等による異材接合など、マルチマテリアル部材の創成にも活用できます。

設備名 複合化成形サーボプレス機
メーカー名 コマツ産機株式会社
型式 H1F200-2
導入年 H27年度
仕様 ・加圧能力: 2,000 kN(下死点上6 mm以上)
・最大ストローク数: 50 min-1
・ダイハイト: 450 mm
・スライド寸法: 850 mm×650 mm(左右×前後)
・ボルスタ寸法: 1,450 mm×840 mm(左右×前後)
<ダイクッション>
・作動方式: ACサーボモータ
・ダイクッション能力: 200kN
設置場所 ものづくり研究開発センター