ホーム > 主要設備 > 

地域科学技術実証拠点整備事業

ものづくり研究開発センター CNF製品実証・試作拠点

キャピラリーフローテスター


機器概要
 高分子(熱可塑性プラスチック)を加熱溶融して、キャピラリー(細管)から押し出すことにより、試料の溶融粘度を測定する装置です。
主な用途
 フィラーと樹脂とを複合化すると、樹脂の溶融粘度が大きく変化するため、従来の成形条件の適用は難しくなります。
 加熱温度や押出速度が、セルロースナノファイバーを複合化した樹脂の溶融粘性に及ぼす影響を調べることで、射出成形条件を最適化することができます。
 溶融体のキャピラリー出口での膨張(ダイスウェル)や、引取張力を測定することで、フィラメント材料の押出成形をシミュレーションすることができます。

設備名 キャピラリーフローテスター
メーカー名 株式会社東洋精機製作所
型式 キャピログラフPMD-C
導入年 H29年度
仕様 ・試験温度範囲   :60 〜 400℃
・押出速度範囲   :0.5 〜 1000 mm/min
・ロードセル容量  :20 kN
・ダイスウェル   :測定可能
・メルトストレングス:測定可能
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 >