ホーム > 主要設備 > 

地域科学技術実証拠点整備事業

ものづくり研究開発センター CNF製品実証・試作拠点

燃焼性評価試験機


機器概要
 大容積(0.75m3以上)の燃焼室(チャンバー)内でメタンガスバーナーを使用し、高分子複合材料等の遅燃性・難燃性のグレードを、国際的な規格UL94で評価することができる試験機。
主な用途
 CNF複合材料をはじめ、身の回りにある高分子複合材料等の製品自身や製品から切り出した試験片に規定の炎を接炎し、その燃焼時間や滴下物の有無を評価します。
例えば、自動車部品(電装部品)、家電部品、照明器具のカバー、電気・電子部品等の遅燃性・難燃性の評価に利用されます。

設備名 燃焼性評価試験機
メーカー名 株式会社東洋精機製作所
型式 HVUL2
導入年 H29年度
仕様 ・対応規格  :UL94(HB、V、5V、VTM、HBF/HF)
・バーナー  :20mm、38mm、125mm炎が発生可能
       :0°、20±5°、45±2°の傾斜角(手動)
・20mm、125mm炎校正用ブロックセンサ具備(ASTM D5207準拠)
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 >