ホーム > 主要設備 > 

地域科学技術実証拠点整備事業

ものづくり研究開発センター CNF製品実証・試作拠点

フィルム作製装置


機器概要
 フィルム押出成形部、成形後のフィルム引取部で構成され、樹脂溶融混練押出装置の押出し出口に設置することにより、セルロースナノファイバー複合の樹脂材料を混練、押出した後、フィルム状に成形加工することが可能です。
主な用途
 適正な温度条件により、セルロースナノファイバー複合の樹脂材料をフィルム状に成形し、試作品や試験片の成形を行います。また、フィルム成形性に関するデータを蓄積し、その成形条件を広範囲に評価することができます。

設備名 フィルム作製装置
メーカー名 株式会社東洋精機製作所
型式 フィルム用 TダイT300C
フィルムシート引出装置 FT3W35
導入年 H29年度
仕様 (1)フィルム押出成形部(Tダイ)
・フィルム成形サイズ:幅300mm、厚さ0.1〜1.5mm可変
・形状       :コートハンガー型(チョークバー付き)
・流出向き     :下向き
・加熱温度     :最大350℃
(2)フィルム引取部
・引取速度     :0.5〜10m/min(デジタル表示)
・冷却ロール    :φ100×350mm×3本(硬質Crメッキ)
・引取ロール    :φ100×350mm(硬質Crメッキ)
・加圧ロール    :φ100×150mm(ゴムライニング)
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 >