ホーム > 主要設備 > 

地域科学技術実証拠点整備事業

ものづくり研究開発センター CNF製品実証・試作拠点

射出成形用金型


機器概要
 真空射出成形機に取り付けISOに準拠した試験片を成形する金型です。
 セルロースナノファイバー等のフィラーを高度に分散させた材料の試験片の成形により製造した材料の物性や成形性に関するデータを蓄積します。
主な用途
 新規に開発した材料の物性は、社会的に認定された試験方法で評価してユーザーに提示する必要があります。このために、ISOやJIS等の規格に準拠した試験片の成形を行い、材料特性や成形条件に関するデータを蓄積します。

設備名 射出成形用金型
メーカー名 ジャスコインタナショナル株式会社
型式 ISO準拠試験片金型(Axxicon AIMTM Mold System)
導入年 H29年度
仕様 ・モールドベース   :試験片成形用インサート金型の保持
・モールドベースの材質:スタバックス
・温 調       :油温調(130℃)に対応可能
・試験片成形用インサート金型:
   ISO A(ISO527-2type1A、
   引張試験片2本取り、ウエルドライン可)
   ISO B(ISO178、曲げ試験片4本取り)
   ISO C(ISO8256、小形引張試験片4本取り)
   ISO D(ISO6721-2、ISO294-4、平板試験片1mm、
   2mm各1枚)
   UL-94(2本取り)
   スパイラルフロー(幅5mm×厚さ2mm)
・試験片成形用インサート金型の材質:
  スタバックス(TiN表面コーティング)
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 >