ホーム > 主要設備 > 

地域科学技術実証拠点整備事業

ものづくり研究開発センター CNF製品実証・試作拠点

レオメーター


機器概要
 材料に正弦波状の歪を加えた際の応力の計測を行うことにより、高分子ゲル、高分子溶液、溶融樹脂、スラリー等の粘弾性挙動を調査することができます。水の様な低粘度液体から半固形まで測定できます。
主な用途
 医薬品、化粧品、食品などのレオロジー測定に利用されます。
 CNF複合樹脂などコンポジット材料の粘弾性を測定でき、材料構造に対するせん断力の影響をCCDカメラで”その場観察” できます。本装置では、レオロジーデータと画像を同期させて評価することができます。


設備名 レオメーター
メーカー名 Anton Paar
型式 MCR302
導入年 H29年度
仕様 ・最大トルク :200 mNm以上
・最小トルク :10 nNm以下
・最大角速度 :300 rad/s以上
・最小角速度 :2×10-9 rad/s以下
・最大測定温度:400℃以上
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 >