本設備は、経済産業省資源エネルギー庁補助事業−電源立地地域対策交付金−で導入しました。
ものづくり研究開発センター 化学試験及び分析設備

酸素・窒素・水素分析装置


機器概要  金属等の試料を不活性ガス中においてインパルス加熱融解し、その試料中に含まれる酸素、窒素、水素の量を赤外線吸収法および熱伝導度法により、ppmから%オーダの幅広い範囲で同時に定量分析することができます 。
主な用途
 鉄鋼材料等に含まれる酸素・窒素・水素の濃度を高精度で素早く3元素同時に定量分析をすることができ、材料技術の開発や品質管理等に活用できます。

設備名 酸素・窒素・水素分析装置
メーカー名 LECOジャパン合同会社
型式 TCH600
導入年 H22年度
仕様 ・分析範囲(試料1g当たり)
   :酸素0.05ppm〜5.0%、窒素0.05ppm〜3.0%、水素0.1ppm〜0.25%
・分析精度
   :酸素0.025ppmまたは0.5%RSD、窒素0.025ppmまたは0.5%RSD、
    水素0.05ppmまたは2.0%RSD
・検出方法
   :酸素・水素 ソリッドステート型赤外線吸収法、窒素 熱伝導度法
設置場所 ものづくり研究開発センター