ホーム > 主要設備 > JKA

公益財団法人JKA(旧日本自転車振興会)補助事業

本設備は、公益財団法人JKA(旧日本自転車振興会)補助事業で導入しました。
広く県内企業に開放しておりますので、是非、ご利用ください。
ものづくり研究開発センター 化学試験及び分析設備

誘導結合プラズマ発光分光分析装置


機器概要
 本装置は、溶液試料中に含まれる微量元素の分析を行う装置である。発光の波長から元素の種類、強度からその濃度情報を得る装置であり、高塩濃度、フッ化水素酸等を含む溶液も測定できる。
主な用途
 金属製品やセラミックス、プラスチック等の化学成分分析や、医薬品等有機物中の微量金属成分分析に利用される。また、水溶液中の微量元素の定量にも利用され、溶液を使用する工程管理や、廃液管理にも有用である。
リンリン競輪

設備名 誘導結合プラズマ発光分光分析装置
メーカー名 株式会社日立ハイテクサイエンス
(旧エスアイアイ・ナノテクノロジー株式会社)
型式 SPS3520UV-DD
導入年 H24年度
仕様 ・試料導入:高塩濃度用、有機溶媒用、水素化物発生装置など
・分 光 器:ツェルニターナ型ツインシーケンシャルダイレクトドライブ方式
・モニタリング機能 等
設置場所 ものづくり研究開発センター

 ホーム > 主要設備 > JKA