独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
地域産学官共同研究拠点整備事業

本設備は、独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 地域産学官共同研究拠点整備事業で導入しました。

ものづくり研究開発センター 金属分野設備

積層造形装置


機器概要
 CAD で作成された3 次元形状を基にして、樹脂粉末に炭酸ガスレーザを所定の断面形状になるよう照射し熔融・凝固させ約0.1mmの薄い層を形成し、これを積層することによって樹脂模型を造形する装置です。金型を製作して製造する方法に比べ、著しく短期間にに樹脂模型を製作できることが大きな特徴です。
 造形に必要な断面の形状データは、CAD データから表面形状のデータ(STL 形式)を一旦作成し、設定された間隔で水平にスライスすることで作成されます。

 ※ご利用の際にはSTLデータをあらかじめ作成下さい。STL形式以外のデータはご利用いただけない場合があります。

 ※造形物の高さ10mmあたり、造形に約1時間、取出しまでの冷却に約1時間の合計約2時間かかります。このほかスライスデータ作成や造形物の仕上げ等に合わせて約4時間以上必要です。

 ※装置の使用料は1時間あたり5,350円で、職員が操作補助を行う場合は、職員が操作補助を行った時間1時間につき4,060円加算されます。
主な用途
 強度の高いポリアミド(= ナイロン) を用いて、航空機部品やレース用自動部品等の少量生産品やデザイン確認用模型( モックアップ) の製作に、また低温で軟化しやすいポリスチレンを用いて鋳造用原型等の製作に用いられます。

設備名 積層造形装置
メーカー名 EOS GmbH (Electro Optical Systems)
型式 Formiga P100
導入年 H22年度
仕様 ・造形可能寸法: 200mm×250mm×330mm
・造形ピッチ: 最小0.10mm
・積層速度: 高さ方向で10mm/h 以上
・ビーム径: 約0.5mm
設置場所 ものづくり研究開発センター