ものづくり研究開発センター 化学試験及び分析設備

炭素硫黄分析装置


炭素硫黄分析装置【r2_133321580220.jpg】
機器概要

 本装置は、金属材料に含まれる微量の炭素と硫黄の成分量を高精度に分析する装置です。
 高周波加熱炉で磁器燃焼るつぼに投入した金属材料の試料を燃焼し、金属材料から発生したガスを赤外線吸収法により検出することで、金属材料中の炭素と硫黄を同時に分析することができます。
主な用途

 鉄鋼、非鉄金属、各種合金などの炭素と硫黄成分の定量分析に利用されます。
 数ppmオーダーの極微量定量分析にも対応しており、高精度な分析が可能であることから、金属材料の品質管理や新規材料開発に有用です。

設備名 炭素硫黄分析装置
メーカー名 株式会社 堀場製作所
型式 EMIA-Expert EMIA-20E
導入年 R2年度
仕様 測定方式:酸素気流中 高周波加熱・燃焼-赤外線吸収法
分析範囲(試料1gの場合):炭素/0.00006 %(0.6 ppm)〜10.0 %、
硫黄/0.00006 %(0.6 ppm)〜1.0 %
オートサンプラー機能
検出シグナルモニタリング機能
設置場所 ものづくり研究開発センター