独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
地域産学官共同研究拠点整備事業

本設備は、独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 地域産学官共同研究拠点整備事業で導入しました。

 
県内企業からの依頼を優先しており、県外企業の依頼をお断りする場合もありますので、ご容赦ください。

ものづくり研究開発センター 共通分野設備

大型エックス線CT


機器概要
 被検体を回転させながらエックス線を照射し、線源の反対側に設置した検出器によりそれぞれの方向でどの程度吸収されたかを記録し、コンピュータを用いて断面の画像を作成する装置です。

 ※この装置は、ラインセンサを用いていますので、スライス数に比例して計測時間が長くなります。

 ※利用される方が自らエックス線照射の操作を行われる場合には、当センターでのエックス線業務従事許可(要申請)が事前に必要です。

 ※試料設置等でに管理区域内に立ち入る場合には、法令の規定により線量計の装着等が必要となります。

 ※ご利用の際は、担当者にお問い合わせください。
主な用途
 非破壊検査、3次元形状データ作成に用いられます。

設備名 大型エックス線CT
メーカー名 YXLON (エクスロン) International GmbH
型式 Y.CT Compact 450XL-Y
導入年 H22年度
仕様 ・最大スキャンエリア: φ600mm×750mm(耐荷重50kgf)
・X 線管出力等: 最高450kV-700W、焦点寸法0.4mm(EN12543)
・ラインセンサ: センサピッチ250μm、分解能16bit、有効長573mm
・X線の透過能力:鉄:約65mm、アルミニウム:約250mm
 ※検体が複雑形状である場合や複数の材料が複合している場合には、エックス線の透過する距離が上記以下であっても良好な画像が得られない場合があります。
 ※管状の検体についてはこちらをご覧下さい。
設置場所 ものづくり研究開発センター